FC2ブログ
為替の仕事で夜勤中心の人間が、いろいろと書いて行こうかと
為替相場NY25時
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
10/30 クロージング
2007-10-31-Wed  CATEGORY: 市場状況
FOMCを控えて様子見気分が強かったのかクロス円は全体的に横ばいとなったものの、クロスドルでドルが売られたため欧州通貨がやや上昇した。ドル/円も瞬間で115円に乗せたが売り圧力は強く114円後半で推移した。
ユーロは対ドルで史上最高値を更新し、ポンドも26年ぶりの高値をつけている。
依然として金利差からドルの売り圧力は強く、FOMCの結果によっては更に下げる可能性もありそうだ。
スポンサーサイト
ページトップへ
10/29 クロージング
2007-10-30-Tue  CATEGORY: 市場状況
NY市場は株式市場を見ながら堅調となったが、大きく動くことなく終了した。
ドル/円は序盤115円乗せにトライしたものの、載せきれず失速。その後は114円後半での値動きとなった。
他通貨はドルに対して上昇し、ユーロ/円は先週末に続いて史上最高値を更新し、ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZドルといった通貨も目先の高値を更新した。
市場ではFOMCでの0.25%利下げは織り込み済みと見られているが、もし株式相場が小幅利下げで上昇しなかった場合、ドルは大きく売られるのではないかとの見方が広がっている。
ページトップへ
10/26 クロージング
2007-10-27-Sat  CATEGORY: 市場状況
クロス円は米ドル以外の通貨で大きく上昇して終了した。
背景には来週のFOMCで利下げが行われる見通しから、ドル売りが強くなっているとのこと。ユーロ/ドルは史上最高値を更新、豪ドル/ドルも23年ぶりの高値となった。しかしNYダウが大きく上昇となったため、対円では大きく下がらずにいる。
ページトップへ
10/25 クロージング
2007-10-26-Fri  CATEGORY: 市場状況
本日も経済指標より、株価の影響を受けた流れとなった。
米耐久財受注は予想外に減少し新築受託販売件数は増加となったものの、前月が下方修正されたため市場の反応はあまり見られなかった。
現状では流れを変えるような材料は見当たらないことから、円高への流れを意識しつつも株価を見ながらの展開が続きそうだ。
ページトップへ
10/24 クロージング
2007-10-25-Thu  CATEGORY: 市場状況
メリルリンチの決算を受けたNYダウの暴落と、米中古住宅販売件数が予想から大きく下まわったダブルショックで、ドル/円が一時113円台まで下落するなど円高展開となった。
後半にFRBが緊急に公定歩合を引き下げるのではとの憶測が広がったためダウが回復し、それにつれて円高も修正が入ったものの、状況はドルが売られやすい展開が続いている。現状では115円台回復も難しいかもしれない。
ページトップへ
10/23 クロージング
2007-10-24-Wed  CATEGORY: 市場状況
NY市場は欧州株、NYダウの値動きを見ながらの展開となった。
序盤に欧州株高を受けて上昇したものの、NYダウが下げたため一時値を下げたが中盤以降はダウが再び上昇したため各通貨共に上昇して終了した。
欧州通貨やオセアニア通貨は対ドルで上昇していて、これがドルの上値を抑えている要因になっている。ドルの売りは金利差などを背景にしているため、まだしばらく続きそうだ。
ページトップへ
10/22 クロージング
2007-10-23-Tue  CATEGORY: 市場状況
先週から円高への流れが続いていたが、とりあえずはピークの目処も立ったようだ。
G7声明は予想通りの内容だったが、市場はドル安容認と受け止めたようで人民元の切り上げ要請と重なって欧州とNY市場で円買い戻しが進んだと見られている。
また、NY市場中盤以降はNYダウがプラス圏に戻ったことでドルの買い戻しが出始め、他通貨でも調整が進んだ。
新しい円の買い材料も見当たらないことから、更に円が上昇する可能性は低そうだ。
ページトップへ
10/17 クロージング
2007-10-18-Thu  CATEGORY: 市場状況
今日も円安から円高へ流れ、終盤に戻すという流れとなった。
NYダウが複数の企業決算報告を受けて上昇して始まったが、その後値を下げたため為替も追随して円高へと流れた。米住宅着工件数が予想を下回った事や消費者物価指数がインフレ抑制を示した事に対しては、市場はほとんど反応を示さず株価主導の値動きとなった。
依然として、G7までは決め手になるような材料が見当たらず、警戒感が広がっているため大きな動きになる事は考えにくいが、株価の値動きに大きく左右される展開が続いているため、週末にかけては指標発表より株価に注意を置く流れが続きそうだ。

10/18~19は休みをいただくため、ブログも休ませていただきます、ご了承ください。
ページトップへ
10/16 クロージング
2007-10-17-Wed  CATEGORY: 市場状況
NYダウが低調な動きとなったのに合わせて、各通貨とも欧州市場で下落した流れから安値圏での取引となった。
G7前のポジション調整が中心となったが、この日発表された対米証券投資が1998年以来の売りこしに転じ、売りこし規模も最大となったが市場の反応はほとんど見られなかった。
ページトップへ
10/15 クロージング
2007-10-16-Tue  CATEGORY: 市場状況
序盤は米経済指標が予想を上回っていたため各通貨とも上昇していたが、NYダウが今週行われる企業決算の発表が続くことへの懸念から下げ始め、一時150ドル近く下げた事を受けて円の買い戻しの流れとなった。
また、ドル/円が118円に乗せ切れなかった事も失望売りを招いたと思われる。
今週は週末のG7へ向けての調整や企業決算等を受けたNYダウを見ながらの展開となりそうだ。
ページトップへ
10/12 クロージング
2007-10-13-Sat  CATEGORY: 市場状況
NY市場は米小売売上高と生産者物価指数が事前予想を上回った事からドルの買いが中心となったものの、直近の高値更新とまではいたらずに終わっている。
他通貨も円安へと動いたが、週末のため様子見ムードも強く大きく上昇することは無かった。
ページトップへ
10/11 クロージング
2007-10-12-Fri  CATEGORY: 市場状況
序盤から中盤にかけては日本国債の引き上げや日米ともに株価が好調な事を受けて円売りの流れが進んだが、ドルがクロス円以外で売られたことと株価が急速に下げに転じたことから、終盤にかけて円の買戻し動きが強まった。
株価に振り回される格好となったものの、依然として高値での売り圧力は強く、ドル/円は117円後半が目先の強い抵抗となっている模様。他通貨も高値近辺では動きが荒くなってきているので、深追いせず早めの利食いを心がけた方が良さそうではある。
ページトップへ
10/10 クロージング
2007-10-11-Thu  CATEGORY: 市場状況
市場は大きな動きは見られなかったものの、NYダウが大きく下げたためクロス円で円高への動きが中心となったが、中盤以降ダウの下げ幅が縮小したため再びで円が売られる展開となった。
ドル/円に関しては、金利差でドルがユーロに対して売られやすいことや値ごろ感などから117円中盤が売り場と見られ、そこで頭を押さえられているといった印象。新しい特別な材料が出てこなければ、G7までこのレンジで動くのではないかといった見方が強まっている。
ページトップへ
10/9 クロージング
2007-10-10-Wed  CATEGORY: 市場状況
NY市場は昨日に続いておとなしい展開の一日となった。
前半は円が買われやすい展開となり、全体的に値を下げたが、FOMC議事録で景気押し上げのための利下げが続くとの見方から切り替えして上昇し、そのまま終了となった。金利差によるクロスドルの売りが出たためドル以外の通貨が上昇、さらに利下げ期待感によるNYダウ上昇がドル/円の上昇につながりった。
ページトップへ
10/8 クロージング
2007-10-09-Tue  CATEGORY: 市場状況
休日の中行われたNY市場は、参加者が限定された事と先週の雇用統計結果を受けて強弱まちまちといった取引となった。
市場も様子見といったところか。
ページトップへ
10/5 クロージング
2007-10-06-Sat  CATEGORY: 市場状況
NY時間の朝方発表された米雇用統計は、失業率は予想通りの上昇となったが非農業部門雇用者数が事前予想を上回り、さらに8月と7月の雇用者数が上方修正されたため、ドル/円は1ヵ月半ぶりに117円台をつけた。これに連れて他のクロス円も上昇となった。
その後は日米の3連休を前にしたポジション調整が入りやや値を下げたものの、高値圏で終了となった。
ページトップへ
10/4 クロージング
2007-10-05-Fri  CATEGORY: 市場状況
BOE・ECBの政策金利は予想通り据え置きとなり、市場の注目は今晩の米雇用統計に移ったため大きな値動きはなく終了した。
雇用統計の予想は、失業率が4.7%に上昇すると見られているが、非農業部門雇用者数は10万人近い増加と見られている。
ページトップへ
10/3 クロージング
2007-10-04-Thu  CATEGORY: 市場状況
欧州市場開始後に116円台に乗せたドル/円はNY市場開始後も上昇し、116円台後半で推移して終了した。
他通貨もドル/円の流れに応じて上昇となったものの、NY中盤から値を下げる展開となった。特に一時165円台まで上昇したユーロ/円は、ユーロ/ドルが下落したことを受けて164円台前半まで値を下げた。ユーロ/ドルは現在1.41ドルを割り込んでおり、これは本日発表される英中銀(BOE)と欧中銀(ECB)の政策金利発表を控えてのポジション調整が中心と思われる。
ページトップへ
10/2 クロージング
2007-10-03-Wed  CATEGORY: 市場状況
ドル/円は小動きとなったが、その他の通貨が対円で下落する展開となった。特に欧州通貨は高値付近という事でポジション調整が入ったようで、しばらくはG7前の欧州側からのけん制発言に左右されやすい展開となりそうだ。
ドル/円は中古住宅販売保留が統計を開始した2001年1月以降の最低水準となった事から、目先利下げ期待が強まるも住宅市場の冷え込みが長引くとの見方が強まり上値を押さえられた格好となった。
ページトップへ
10/1 クロージング
2007-10-02-Tue  CATEGORY: 市場状況
NY市場はトリシェECB総裁がユーロ高けん制発言を行った事や、米製造業景況指数が過去半年で最低水準となったため、追加利下げの期待が膨らみNYダウが史上最高値を更新したことによりドル買い円売りが強まった。円は他通貨に対しても売られ全面安展開となったが、後半はポジション調整が中心となりやや下げて終了となった。
今後は経済指標による株価の動きや、今月ワシントンで開催されるG7に向けての発言に左右される展開が予想される。
ページトップへ



FX、外国為替証拠金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<注:お客様がお預けになった証拠金金額以上のお取引額で取引を行う為、お預けになられた証拠金以上の損失が出る可能性がございます。お取引する為替レートには売値と買値に差が生じます。> <取引形態:店頭外国為替証拠金取引> <取引証拠金:10,000通貨あたり5万円~10万円、証拠金金額の数十倍(20~30倍)程度> <売買手数料:『aiMeijiFX・インターネット外国為替取引口座』10,000通貨あたり・1~49万通貨/片道400円・50~99万通貨/片道300円・100万通貨~/片道200円 『aiMeijiFX・電話用外国為替取引口座』10,000通貨あたり・1~9万通貨/片道1000円・10~49万通貨/片道400円・50~99万通貨/片道300円・100万通貨~/片道200円>
ai 明治FX株式会社 金融商品取引業者 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-1-23 明治物産ビル5階 TEL:03-3666-5150
登録番号:関東財務局長(金商)第237号 社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1514)
URL:www.aimeijifx.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。