FC2ブログ
為替の仕事で夜勤中心の人間が、いろいろと書いて行こうかと
為替相場NY25時
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
8/30 クロージング
2007-08-31-Fri  CATEGORY: 市場状況
NY時間はNYダウがマイナス圏で始まったものの、その後の上昇を受け堅調に推移し、中盤以降は値動きがまちまちとなり3連休や明日のバーナンキ議長の講演等を控えてポジション調整が中心となった様子。
米第2四半期GDPはほぼ予想通りの結果となったため市場に影響を与えるには至らなかったようだ。
まだ株価に左右される状況は変わらず、米国の連休明け以降もこの状況は変わらない感じになりそうだ。
スポンサーサイト
ページトップへ
8/29 クロージング
2007-08-30-Thu  CATEGORY: 市場状況
本日は特に経済指標の発表が無い中、前日大幅下落となったNYダウが本日は大きく回復する展開となったため、為替も円全面安展開となった。

しかし、市場では値動きが荒いもののレンジ取引といった印象が強いようで、今週いっぱいはこうしたレンジ相場になるのではないかとの声もあるが、米経済指標が悪化となるとすぐに売られる流れはまだ変わらなそうだ。
ページトップへ
8/28 クロージング
2007-08-29-Wed  CATEGORY: 市場状況
NY市場は終日下落といった格好となった。ダウがマイナス圏で始まり、更に下落して終了したことや、指標発表も事前予想よりは良かったものの悪化しているため買い材料とはならなかった。
今週末は米国が3連休となることや、その週明けに重要視される経済指標が相次いで発表されるため、今週はレンジ内での取引が続くの見方が多いが、中国がサブプライム問題で大きな損失を出しているとの噂もあり、この軟調地合はまだしばらく続きそうだ。
ページトップへ
8/27 クロージング
2007-08-28-Tue  CATEGORY: 市場状況
NY市場はロンドン市場が休場だったこともあってか、全体的に終始小動きとなった。
注目されていた米中古住宅販売件数は事前予想を上回ったものの、5ヶ月連続の減少となり、また02年11月以来の低水準となったことから市場はあまり反応を見せなかった。NYダウが終日マイナス圏で推移したことが終盤の下落につながった模様。
ページトップへ
8/24 クロージング
2007-08-25-Sat  CATEGORY: 市場状況
NY市場は米新築住宅販売件数が予想を上回った事と、NYダウが堅調に推移した事を受けて上昇して終了した。
サブプライム問題による市場の急な動きはひとまず落ち着いた模様と見える。
ページトップへ
8/23 クロージング
2007-08-24-Fri  CATEGORY: 市場状況
欧州市場で大幅上昇となったものの、NY市場は中盤までは下げ中心となって行って来い状態に。その後はやや上昇して終了となりました。
為替市場は依然としてNYダウに引きずられる状態が続いていて、NY市場での下げもダウの値下がりが影響を与えた格好となっている。
明け24日週末という事で調整が中心となる可能性が高いが、夕方に英国の第2四半期GDP発表を控えているためポンドは注意が必要だろう。
ページトップへ
8/22 クロージング
2007-08-23-Thu  CATEGORY: 市場状況
NY市場は経済指標の発表が無かったため、株価の動きがそのまま影響を与える流れとなった。
NYダウは欧州株が上昇した流れから100ドルほど上昇して始まり、その水準を維持したまま引け近くにさらに上昇して終了した。
為替は各通貨ともクロス円は欧州時間の上昇を維持し、引け間際のダウの上昇に合わせて高値を更新して終了した。オセアニア市場の現在も上昇の流れは続いている。

本日は日銀政策決定会合に注目が集まっている。参院選前は政策金利金利利上げが確実視されていたが、その後株価を中心に状況が急変したため現在は据え置きとの見方が多くなっている。金利据え置きならば市場の影響は見られないと思われる。しかし、可能性は低いが金利利上げを行った場合どの程度の下落となるか予想が付かないため、万が一の事も考えておきたい。
ページトップへ
8/21 クロージング
2007-08-22-Wed  CATEGORY: 市場状況
NY市場は株価の上下に左右された格好となったが、リッチモンド連銀総裁が市場の混乱だけでFF金利を変更する事はないとの発言が株価の下落につながり、為替にも影響を与えた格好となっている。
今晩は指標発表が無いため、より株価の動きや発言等の影響が出やすい状態になると思われる。
ページトップへ
8/20 クロージング
2007-08-21-Tue  CATEGORY: 市場状況
結局、1週間お休みしてしまい申し訳ないです。

皆さんご存知のように先週は市場は大荒れとなったわけですが、昨夜のNY市場はNYダウの動きにつられながらも、比較的落ち着いた動きとなっていた。
ただし、どちらかといえば下げる時の方が反応が早い事から、依然として市場は下げ材料に敏感になっている様子。
今後しばらくはネガティブな材料が出た時には大きく下げる可能性が高そうだ。
ページトップへ
8/10 クロージング
2007-08-11-Sat  CATEGORY: 市場状況
NY市場は日本や欧州の株安につられて大幅下落で始まったが、NYダウが同じく大幅安で始まったものの、次第に値を回復し終了前には前日比プラス圏まで上昇した事から、クロス円も大幅に上昇修正して終了した。
週末要因によるポジション調整や、節目となっているドル/円の117円割れ回避やユーロ/円が160円割れをすぐに回復した事なども上昇の後押しとなったと思われる。
ページトップへ
8/9 クロージング
2007-08-10-Fri  CATEGORY: 市場状況
欧州市場から始まった暴落はNY市場でも変わらずに下げ続け、一時は回復したものの、その後再び下げる展開となった。
米国のサブプライム問題が欧州に影響を与える懸念が高くなったため、欧州株式が下落した事がきっかけだが、昨夜は目立った指標発表もなかったことから株式相場下落の影響を完全に被ってしまった。
今夜も注目される経済指標の発表がないだけに、株式の動向を見ながらの値動きとなるだろう。まずこの後の東京市場が株価に対してどのような反応を示すか、注意しておきたい。
ページトップへ
8/8 クロージング
2007-08-09-Thu  CATEGORY: 市場状況
ロンドン時間で発表されたBOEの第2四半期インフレ報告を受けて、欧州通貨主体の上昇でNY市場は始まったが、その後もNYダウの大幅上昇を受けてクロス円がほぼ全通貨で上昇し、そのまま高値圏で終了した。
ただし、ユーロ/ドルでユーロ買いドル売りとなっていた事から、ドル/円は節目と見られている120円台にトライするまでにいたらず終了している。
もし、このまま120円台に戻る事ができない状態でNYダウが暴落となった時、ここ最近の上昇分を一気に消してしまう大きな下げとなる可能性が否定できないため、NYダウへの注意は継続しておくべきと思われる。
ページトップへ
8/7 クロージング
2007-08-08-Wed  CATEGORY: 市場状況
注目されていたFOMCは予想通りの据え置きとなり、声明文は前回とほぼ変わらなかったため、NYダウは声明文の発表後に急落する展開となった。そのためクロス円は一気に値を下げた。
しかし、すぐにダウが急反発したためクロス円も急騰しドルやユーロは一日の高値を更新してその後も高値圏で終了した。
本日は注目される指標発表もほぼ無いため、ここ最近の値動きと同様にNYダウ、もしくはNYダウ先物の動きを見ながらの取引となりそうだ。
ページトップへ
8/6 クロージング
2007-08-07-Tue  CATEGORY: 市場状況
NY市場序盤は米住宅金融大手のアメリカン・ホーム・モーゲージ・インベストメントが破産法の適応を申請した事や、FOMCを明日に控えている事などから小動きだったものの、中盤以降NYダウが200ドル以上上昇した事を受けて円に対して全通貨が上昇し、そのまま高値圏で終了した。
しかし、新たにドルを買う材料が出たわけではなく、相変わらずサブプライム問題を抱えたままダウに左右されている状態のため、このまま再び円安へと流れるとは考えくい。
このまま上がった方が楽なんですけどねぇ…
ページトップへ
8/3 クロージング
2007-08-04-Sat  CATEGORY: 市場状況
注目された米雇用統計を含む経済指標は予想外の悪化となり、さらにNYダウが再び下落したため対スイスフランを除いて円全面高展開となった。
ドル/円は一時118円を割る場面も見られ、ドルも対主要通貨で売られていることから、依然としてドルは下げ要因に敏感に反応しやすい状態となっている。
ページトップへ
8/02 クロージング
2007-08-03-Fri  CATEGORY: 市場状況
ECB理事会後のトリシェ総裁の会見が、インフレを強く警戒し9月の利上げを示唆する内容だったため欧州通貨や高金利通貨が対円で上昇する展開で始まったが、その後ドル/円もダウの上昇を受けて119円中盤まで上昇し、その後は各通貨ともポジション調整が中心となって高値圏で終了した。
明日は米雇用統計が発表されるが、事前予想が強い予想となっているため、もし予想外に弱い内容となり株価が下げるようなことになれば、再びドル売りの流れとなる可能性もある。
ページトップへ
8/1 クロージング
2007-08-02-Thu  CATEGORY: 市場状況
本日も指標発表よりNYダウを見ての値動きとなった。
序盤は欧州市場からの流れを引き継いで円安となり、高値更新となったが、上昇が一服すると調整地合となりやや値を下げたものの、終盤に再度上昇して終了となった。
この日発表されたISM製造業景況指数が市場予想を下回ったことにはあまり反応を見せなかったが、中古住宅販売保留が予想外の上昇となったことにはドルが上昇するという反応を示したことから、住宅関係の指標にはダウの値動きともども今後しばらく注目が必要だろう。
ページトップへ
7/31 クロージング
2007-08-01-Wed  CATEGORY: 市場状況
NY市場オープニングはNYダウの上昇の後押しを受けて円全面安だったものの、引けにかけて住宅問題の拡大懸念と原油高騰を受けてダウが急落し、これを受けて円全面高へと逆転した。
オセアニア市場に入った現在は落ち着いているものの、依然としてドルはネガティブな材料に流されやすい状態が続いていることがはっきりした。相場の本格回復にはまだ時間がかかりそうだ。
ページトップへ



FX、外国為替証拠金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<注:お客様がお預けになった証拠金金額以上のお取引額で取引を行う為、お預けになられた証拠金以上の損失が出る可能性がございます。お取引する為替レートには売値と買値に差が生じます。> <取引形態:店頭外国為替証拠金取引> <取引証拠金:10,000通貨あたり5万円~10万円、証拠金金額の数十倍(20~30倍)程度> <売買手数料:『aiMeijiFX・インターネット外国為替取引口座』10,000通貨あたり・1~49万通貨/片道400円・50~99万通貨/片道300円・100万通貨~/片道200円 『aiMeijiFX・電話用外国為替取引口座』10,000通貨あたり・1~9万通貨/片道1000円・10~49万通貨/片道400円・50~99万通貨/片道300円・100万通貨~/片道200円>
ai 明治FX株式会社 金融商品取引業者 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-1-23 明治物産ビル5階 TEL:03-3666-5150
登録番号:関東財務局長(金商)第237号 社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1514)
URL:www.aimeijifx.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。